ワットアニュース  

最強コピーライター佐々木圭一が教える「心に響く言葉」- 伝え方が9割まとめ(2)

最強コピーライター佐々木圭一が教える「心に響く言葉」第2回目。頼み事をすることきに、「イエス」をもらうための具体的な技術があります。もちろん100%変えることはできませんが、「イエス」となる可能性を、ぐっと上げることができます。
その技術を「伝え方が9割」では「7つの切り口」と呼びます。第2回目は、この「7つの切り口」の具体的な使い方について紹介していきます。
まとめる書籍
伝え方が9割 2
伝え方が9割 2
著者:佐々木圭一 < ダイヤモンド社 >
64万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の第2弾がいよいよ登場。前書でも紹介した「強いコトバ」をつくる5つの技術に加え、新しく3つの...

「7つの切り口」その1「相手の好きなこと」

osaka0.jp

洋服を選びに行ったお店で、気になった服の在庫を確認したところ・・・

「すみません、このシャツは現品限りなんです・・・」

と言われたらどうでしょうか?「いろんな人が試着した洋服なんだ。それならやめとこうかな・・・」なんて思ってしまいますよね。これをこんな「伝え方」に変えるとどうでしょうか?

こちら人気で、最後の一着なんです!!

その服にプレミア感が出て、「それなら早く買わないと!」と思ってしまいそうですよね?

☆「7つの切り口.その1」
「相手の好きなこと」を使えば好感をもたれながら、こちらの希望を通すことができる。


「7つの切り口」その2「嫌いなこと回避」

macaro-ni.jp

結婚生活を始めた妻が、夫に対して「トイレのフタ」を閉めて欲しい場合・・・

「使ったらトイレのフタを閉めてよ!」

こんな感じで言われると、旦那さんは「面倒くさいなぁ」と思ってしまいそうです。
これをこんな言い方に変えるとどうでしょう?

トイレのふたを閉めないと、金運が下がるらしいよ!

こう言われると、日頃から金運を気にする旦那さんは「それなら気をつけないと・・・」と思うはず。ここでは、「自分がそうなりたくない、嫌なこと」に目を向けさせてあげることが大切です。

☆「7つの切り口.その2」
「嫌いなことを回避」を使えば、強烈な強制力を出せる。伝え方、最後の手段。


「7つの切り口」その3「選択の自由」

josei-bigaku.jp

レストランで、食事の終わりかけに店員がこう言いました・・・

「食後のデザートはいかがですか?」

反射的に「結構です」と言ってしまいそうです。この状況でこのように聞かれたらいかがでしょうか?

「デザートはマンゴープリンか、抹茶アイスがございます。どちらかいかがですか?」

人は選択肢を与えられると、「どちらにしようかな?」と考えてしまうもの。ついついデザートを頼んでしまいそうですね。

☆「7つの切り口.その3」
「選択の自由」を使えば、やらされている感なく相手を導ける。


「7つの切り口」その4「認められたい欲」

hatarakus.jp

家事をしない夫に対して、妻がこう言います・・・

「窓くらいふいてよ!私だって忙しいんだから」

「せっかくの休みなんだからゆっくりさせてくれよ!」なんて、夫の心の声が聞こえてきそうですね。こんな状況では、このように言ってみたらどうでしょうか?

あなただと高いとこまで手が届くから、窓がピカピカになるのよね!お願いできない?

こう言われると「そうだな、俺じゃないと高いところが綺麗にならないもんな・・・」と、ちょっと良い気分で家事を手伝ってくれそうです。

☆「7つの切り口.その4」
「認められたい欲」を使えば、手強い相手も期待にこたえたくなる。


いかがでしょうか?
すぐに使えるものばかりなので、身近なケースで是非試してみて下さい。次回「7つの切り口」の5〜7についてまとめます。
続きはこちらからご覧ください。
お客に値切られたら、この魔法のフレーズを使えばOK!「伝え方が9割」vol.3

紹介した書籍
伝え方が9割 2
伝え方が9割 2
著者:佐々木圭一 < ダイヤモンド社 >
販売価格を見る    Kindle版あり

実用・スキル #コピーライター #ベストセラー #伝え方が9割 #佐々木圭一 #心に響く言葉


関連記事