ワットアニュース  

究極の短時間プレゼン「エレベーターピッチ」のメリットと作り方

エレベーターピッチって言葉を聞くことがあるけど、自己紹介と何が違うの?
どういうポイントでエレベーターピッチを準備すればいいの?など、「エレベーターピッチ」という言葉を聞いたことがあるけど、実践したことがある人は意外に少ないのではないでしょうか。
今回は、エレベーターピッチの特徴、メリット、話の組み立て方について「15秒で口説くエレベーターピッチの達人」という書籍を参考に紹介していきます。
まとめる書籍
15秒で口説く エレベーターピッチの達人――3%のビジネスエリートだけが知っている瞬殺トーク
著者:美月 あきこ < 祥伝社 >
シリコンバレー発、ビジネスパーソンの必須アイテム。その理論と実践と練習法、すべてを初公開します!超人気研修講師が、今最もホットな「ビジネスコミュ...

「エレベーターピッチ」とは?

 

アメリカのビジネススクールや起業家向けのセミナーでは、エレベーターピッチを教えています。アメリカでは、エレベーターピッチはもっとも短いプレゼンであり、プレゼンの極意として重要視されているのです。

1章 エレベーターピッチって何?

「エレベーターピッチ」という言葉、直訳すると、エレベーターで強烈に売り込むという意味。「Pitch」は投げるという意味で使われるのが一般的ですが、「売り込む」という意味でも使われるようです。

これはITのメッカ、シリコンバレーでよく使われている話し方として有名です。この話し方ができない人は起業家として生き残ることができないと言われているほど、シリコンバレーのビジネス環境において、ある種、サバイバルな話し方。
シリコンバレーの起業家はエレベーターの中で投資家と会ったときに、目的の階までの数秒間で自分の会社のプロジェクトを売り込むといわれています。起業家にとっては、そのごく短い時間を千載一遇の好機ととらえ、ごく短い時間でさえも、端的にそして魅力的に伝えようとします。

文章を書くとき、長文を書くより短く数行でまとめるようが難しいように、プレゼンも長く話すより短く話すほうが難しいもの。
短く話せるようになれば、数十分や1時間にわたる長いプレゼンも楽々こなせます。エレベーターピッチはプレゼン力がもっとも問われる技術と言えるそうです。


エレベーターピッチのメリット

 

現代人は忙しいのです。あと回しでもいいことか、今すぐ対応すべきことか、瞬時に判断されます。ビジネスの場では、先送りにされないようにしなくてはいけません。
エレベーターピッチを使うと、自分の時間だけではなく、相手の時間も無駄にしないですみます。相手に話を聞いてもらうためには、もっとも効果的な話し方だといえます。

2章 こんなときこそエレベーターピッチ

例えば職場で上司に報告や相談ごと、決裁を仰ぎたいことがあるとしましょう。
そんなとき、上司が忙しそうにしたらなかなか話しかけづらいもの。しかし、ビジネスの場では報告、相談を先延ばしにしてしまうと、大きな損失に繋がったり、「なんでもっと早く言わなかったんだ!」ということになりかねません。

エレベーターピッチができるようになると、簡潔に、短く要点を伝えることができるので、相手の時間をムダにすることがありません。あなたが積極的に話しかけることができるようになる助けになります。

エレベーターピッチを身につけるメリットを3点挙げます。

1.コミュニケーションロスが減る

伝える力と聞き取る力のすり合わせが不十分だと、ムダな時間とコスト、労力を消耗します。 エレベーターピッチを使えば、誤解が減るので、結果的に労力の節約につながります。

2.電話時間が短くなる

電話は相手の顔が見えないため、話を理解しているのか不安になり、同じ話を繰り返しがち。 エレベーターピッチができるようになると、要点を簡潔に伝えられるので、相手がすぐに理解してくれるようになる。

3.プレゼン、スピーチが効果的に

最初の自己紹介の際にピッチ、本日の内容についてもピッチ、とピッチを入れこむことで話しやすく、メリハリが生まれる。例えば、ソフトバンクの孫正義氏は、プレゼンの際に30秒のエレベーターピッチをしてから、本題に入っている。


エレベーターピッチの組み立て方

 

エレベーターピッチの組み立てはフック、ポイント、クロージングで

3章 こうすれば、エレベーターピッチを今日から使える

エレベーターピッチは、「フック」、「ポイント」、「クロージング」の3つのパートで構成します。
イメージについては、上の図を確認ください。

■エレベーターピッチの構成の仕方

(1)フック・・・最初の一言で相手を掴む。
(2)ポイント・・・メリットを3点あげる。問題提起、商品の特徴、商品の機能など
(3)クロージング・・・最後の念押し

実例を紹介します。
例えば、化粧品の販売員さんがくすみが気になる女性にファンデーションを提案するときのフック、ポイント、クロージングは次の通りです。

「粒子が細かくて光に当たると反射するので、顔の艶がよく見えるファンデです。
これは、業界で一番小さな粒子を使っていますし、
汗に強いので崩れにくいんです。
そのうえ、うるおいがずっと続きます。
今なら、期間限定で2割引きでご案内しています。」

「フック」は、
粒子が細かくて光に当たると反射する、顔の艶がよく見えるファンデ
「ポイント3点」は、
①業界で一番小さな粒子
②汗に強いので崩れにくい
③うるおいがずっと続く
「クロージング」は、
今なら、期間限定で2割引き
このような構成で話せば、15秒のエレベーターピッチができます。
30秒のエレベーターピッチの場合は、ポイントの3点は変わらず、ポイントの説明を厚くするといいそうです。


「話している内容」の影響力は、たった7%

 

15秒から30秒で結果を出さなくてはならないエレベーターピッチでは、ビジュアルとボーカルが非常に重要になるのは言うまでもないでしょう。

4章 最後の決め手になるデリバリースキル

アメリカの心理学者アルバート・メラビアン博士が提唱した「メラビアンの法則」は有名ですよね?
話し手のビジュアルとボーカルだけで93%の影響力を持つと言われています。

「メラビアンの法則」
話し手が聞き手に与える影響
ビジュアル 55%
ボーカル 38%
バーバル 7%

例えば、夏場の蒸し暑い日に、汗だくで髪の毛がボサボサのあなたが、エレベーターで重要な取引先の社長に会ったとしましょう。
そのような状況で、いざエレベーターピッチをしようとしても「なんだこいつは!?」と思われてしまいそうです。

エレベーターピッチは話の内容だけではなく、必要な場面でとっさにできるように日頃から身なりを整えておかなければならないようです。


現在、あなたがされている仕事内容や、自身の自己紹介など、エレベーターピッチの組み立て方を参考にスマートフォンやメモ帳などに作成してみてはいかがでしょうか?
いつどこで役に立つかわかりませんよ。

紹介した書籍:15秒で口説く エレベーターピッチの達人――3%のビジネスエリートだけが知っている瞬殺トーク

実用・スキル #エレベーターピッチ


関連記事