ワットアニュース  

外国人にこんな挨拶をしていませんか?日本人の9割が知らない正しい自己紹介

日本国内では「当たり前」のことが、世界で「当たり前」ではないことが多くあります。
その中でも、あなたが世界基準の「正しい自己紹介」を知らないと、外国人からどう見られるかわかりません・・・

まとめる書籍
日本人の9割は正しい自己紹介を知らない――世界標準の仕事プロトコールの教科書
日本人の9割は正しい自己紹介を知らない――世界標準の仕事プロトコールの教科書
著者:山中 俊之 < 祥伝社 >
英語の勉強より大事!「自己PR」には世界標準ルールが...

外国人への誤った自己紹介①会社名から名乗っていませんか?

kyodo.co.jp

「ホンビュー株式会社の鈴木です」という自己紹介、日本では普通ですよね?

しかし、「〜に属しています」という表現で始める挨拶ですが、これは世界ではNG。

世界基準の正しい自己紹介は「I am」スタイルです。

正しい外国人への自己紹介は、
「わたしは鈴木健二です。健二と呼んで下さい。エンジニアをしています。あ、会社名はホンビューです。」

こんな感じが正解なんだそうです。 外国人への自己紹介は「I am」スタイルであること覚えておきましょう。


外国人への誤った自己紹介②自己紹介を謙遜の言葉から初めていませんか?

pakutaso.com

例えば日本において、自分より立場が上に向かってスピーチをする場合、
「私のような若輩者が、この場でお話するのはふさわしくないかもしれませんが・・・」

なんて謙遜をしてから話を始めることがありますが、世界基準ではNGです。

堂々と「ご指名ありがとうございます。お話させて頂きます。」という姿勢が大事だと覚えましょう。


外国人への誤った自己紹介③一つの会社だけに勤めあげたアピールしてませんか?

nifty.com

外国人に対して「おかげさまで、定年退職まで同じ会社に勤めることができました(あるいは、勤務するつもりです)。」

このような「一つの会社に骨を埋めるアピール」は好感を持たれないようです。
世界基準では、同じ会社にずっと勤務したということは「ひとつの会社にしか雇用されなかった残念な人」と見なされるそうです。

転職経験や独立経験を話すことが、好感を持たれることが多いと理解しましょう。


外国人への誤った自己紹介④立食パーティーなどで相手の話が終わるまで横で待っていませんか?

china.alaworld.com

例えばあなたが外国人が集まる立食パーティーに参加したとしましょう。

目の前に「あなたの知り合いの人」と、「一度会話をしてみたいと思っていた人」が2人で会話を楽しんでいます。

さあ、あなたならどうしますか?
日本人なら「会話が終了するまで離れて待っていよう・・・」と思いませんか?

世界基準では、会話の途中に参加するのは「マナー違反」ではないそうです。
パーティーは不特定多数の人と会話を楽しむ場であり、知らない人との出会いを楽しむ場という考えなんだそうです。

この状況では「知り合いの人に紹介してもらい、自ら会話に参加する」ことが正解のようですね。


いかがでしょうか?
知っているのと、知らないのでは大違い・・・
紹介した本書では、外務省出身者の著者が実際に経験した具体的な事例を30パターン紹介しています。
グローバルビジネスで必要なスキルをこの本で学ばれてみてはいかがでしょうか?

紹介した書籍
日本人の9割は正しい自己紹介を知らない――世界標準の仕事プロトコールの教科書
日本人の9割は正しい自己紹介を知らない――世界標準の仕事プロトコールの教科書
著者:山中 俊之 < 祥伝社 >
販売価格を見る    Kindle版あり

実用・スキル #マナー #外国人 #自己紹介


関連記事