ワットアニュース  

アリババ創業者「ジャック・マー」の名言まとめ

アリババといえば、中国最大のB2Bサイト。
アクセス数は月間60億PVを超え、2014年9月、ニューヨーク証券取引所に上場したのが記憶に新しいですね。
本書の出版時にはアップル、マイクロソフト、グーグルについでIT企業世界第4位、アマゾン、フェイスブックを超える時価総額2310億ドルという世界的企業です。
本書は一代で世界的企業を築き上げた「ジャック・マー」氏の経営哲学に関する書籍。
この記事では本書で解説されている「ジャック・マーの名言」をほぼノーカットで4つご紹介します。

まとめる書籍
ジャック・マー アリババの経営哲学
ジャック・マー アリババの経営哲学
著者:張燕 < ディスカヴァー・トゥエンティワン >
アリババ・グループ大躍進の裏には確固たる信念と倫理があった!「あきらめることが最大の敗北だ...

アリババ創業者ジャック・マーの名言その1「自分を疑ってもいい。信念を疑うな。」

hkpic.crntt.com

私は常に自分を疑う。自分を疑うが信念は疑わない。なぜなら、時に信念と自分は一致しないからだ。「このやり方でいいのかどうか」と自分を疑うことはあっても、自分の信念や目標を疑ったことは一度もない。

アリババを設立するときに「世界中からやりにくいビジネスをなくす」と私は言った。これは私の信念だ。この信念は間違っていない。ただし、やり方は正しいのか、戦略は間違っていないかと、常に自分を疑い、自分に問いただしている。


アリババ創業者ジャック・マーの名言その2「この世界は怠け者によって支えられている」

polymerhk.com

世界一の金持ちビル・ゲイツは、プログラマーだった。勉強が面倒で大学は中退し、複雑な「DOSコマンド」を覚えることが面倒で図形のインターフェイスをプログラムした。なんて言ったっけ?忘れたよ。ああいうのを覚えるのが面倒なんだ。それで「世界のパソコンが同じ顔つき」になって、彼は世界一の金持ちになったんだ。

世界で一番価値のあるブランド、コカコーラの社長はもっと怠け者だ。中国のお茶文化には悠久の歴史があり、ブラジルのコーヒーには馥郁たる香りがあるというのに、まったく意に介さない。彼は本当に怠け者さ。水に甘味料を入れ、瓶詰めにして売ったんだ。そして世界中の人間が「あの血みたいな液体」を飲んでいる。

世界一のサッカー選手ロナウド(元ブラジル代表)は、ピッチ上を動くことさえ怠け、相手ゴール前に立っていた。ボールが飛んできたときにひと蹴りするだけで、世界一移籍金の高い選手になった。彼のドリブルは驚くべき速度だと言う。ばかばかしい話だ。他の選手は一試合で「90分間」も走るのに、彼は「15秒」走るだけなんだから速いに決まっている。

世界一の飲食企業マクドナルドの社長も怠け者さ加減では負けてない。彼はフランスの美しさや中国料理の複雑な技巧を学ぼうともせず、2枚のパンに牛肉を挟んで売った。その結果、世界中であの『M』の看板を目にするようになったんだ。

ピザハットの社長も、チーズや具を生地に包むことを怠け、生地の上に直接ふりかけて売った。結果、皆がそれを『ピザ』と呼んだ。ピザはチーズパン10個分よりも値段が高い。

もっと優秀な怠け者もいる。階段に上がるのが面倒でエレベーターを発明した者。歩くのが面倒で列車や飛行機を発明した者。 毎回の計算が面倒で数学の公式を発明した者。 コンサートに行くのが面倒でレコードやテープやCDを発明した者。

仕事の話しに戻そう。

会社で、毎朝一番に出勤して最後に退勤し、ぜんまい仕掛けのように忙しく働いている社員は、最も給料が少ないのでは?

逆に、毎日ろくに仕事もせずぼんやりしているやつの給料が一番高いのでは?そういうやつは、株もたくさん持っているみたいだけど!

いろいろな例を挙げてきたが、私が言いたいことはただ一つ。この世界は「怠け者」によって支えられているということだ。この素晴らしい世界は、怠け者から授かったものだ。今なら、自分が成功しない理由がわかるはず!

怠けるといっても、ただ怠けるのではない。仕事を減らしたければ、怠ける方法を考え出すことだ。怠けることを極めれば、怠けの境地に達する。私のように子供の頃から怠けていれば、太ることさえ面倒になる。
それが境地というものだ。


アリババ創業者ジャック・マーの名言その3「諦めることが最大の敗北」

gigacircle.com

私がこれまでの経験から学んだ最大の教訓は「決してあきらめず、勇気を持って前に進む」ということだ。絶え間なく物事を革新し、乗り越えていく。一つの方向が見つかるまで、自分を乗り越え続けるのだ。

そして、もっと大切なことがある。
今日の未来に対する自信は「5年前の辛い経験から来ている」ということだ。

今日はつらい日だ。
明日はもっとつらいだろう。
でも、明後日はきっといい日だ。

だが、ほとんどの人は明後日の太陽を目にすることなく、明日の晩に死んでしまう。だからこそ、どんなことでもやり抜かなければならないのだ。

冬の時代に私たちが打ち出したのは「最後までやりぬくことこそが勝利である」というスローガンだ。
生きている限り、希望はある。


アリババ創業者ジャック・マーの名言その4「一つのことに打ち込まなければ何も成し遂げられない」

ettoday.net

多くの若者は、夜の間にさまざまな道を考えても、朝になれば元の道を歩いている。

だが、中国人の企業とは、ずば抜けた理想・夢・思考があるかではなく、あらゆる代償を払うことができるか、正しさを証明するまで全力で取り組めるかどうかにかかっているのだ。


ビジネスマンを始め、起業家、これから起業を考えている方は身に染みる言葉です。
本書では「その他の名言」「名言に対する解説」「ジャック・マー氏の生い立ち」について詳細に記されています。
「ジャック・マー アリババの経営哲学」からビジネスのヒントを見つけ出して下さい。

この記事が気に入ったら
紹介した書籍
ジャック・マー アリババの経営哲学
ジャック・マー アリババの経営哲学
著者:張燕 < ディスカヴァー・トゥエンティワン >
販売価格を見る    Kindle版あり

ビジネス・経済 #アリババ #名言 #経営哲学


関連記事