ワットアニュース  

堀江貴文氏(ホリエモン)の名言満載!ベストセラー「ゼロ」はもう読みました?

現代人の心に染みる経験談、名言が満載のベストセラー「ゼロ」。堀江貴文氏はすべてを失い、なぜ「ゼロ」になっても希望を失わず、「働くこと」に前向きになれるのか?
2013年11月に発売されてから、現時点でAmazonで400件を超えるレビューが書かれるほど反響を得た本書。
その話題となった書籍から堀江貴文氏の考え方が分かる「名言」を中心に紹介していきます。

まとめる書籍
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
著者:堀江 貴文 < ダイヤモンド社 >
堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって...

堀江貴文氏(ホリエモン)の名言その1.やりたいことは全部やれ!

girlschannel.net

堀江貴文氏は「ひとつの道を極める必要なんてない。"一貫性がない"とか批判されようと関係なくやりたいことを全部やる。」ことが大事だと言います。

「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入し、思考停止した人は、一気にオヤジ化してしまいます。
あなたが、「あの頃は良かった」「学生時代は楽しかった」など、友達と話してしまっているのであれば、今日から過去を振り返るのはやめませんか?

なりふり構わず「思いついた"やりたいこと"を全部やる!」という気持ちで、今を全力で走り抜ける方が人生は楽しくなるかもしれません・・・


堀江貴文氏(ホリエモン)の名言その2.自信を形成するための「経験」を積め!

sakurako.cc

あなたは「仕事や人生」に怖気づくことはありませんか?
また「異性に告白する」もしくは「気になる子に話しかける」時も同じくです。

実際に堀江貴文氏も「昔は女性の前で挙動不審になっていた」といいます。挙動不審になっていた原因は、「女性を前にしたときの"自信"が不足している」ということ。
つまり「自信を形成するための"経験"が、圧倒的に不足していた」と説明しています。

大事なことは「経験とは、経過した時間ではなく、自ら足を踏み出した歩数によってカウントされていくもの」であると理解することだといいます。


堀江貴文氏(ホリエモン)の名言その3.やりがいとは「見つける」ものではなく、自らの手で「つくるもの」

news.mynavi.jp

堀江貴文氏はどんな仕事にも「やりがい」はあると本書で語っています。

「やりがいとは"見つける"ものではなく、自らの手で"つくる"もの」 なんだそうです。

2年6ヶ月の懲役で、いわば単純作業(紙袋をひたすら折るなど)に従事していたそうですが、そこで「自分の立てた目標がクリアできた時、仕事の喜びを感じていた」と本書で書かれています。
仕事は「マニュアル通りに仕事を"こなす"から楽しくないもの。自分の頭で考え"創り出す"仕事は楽しくなる。」と言っています。

-「仮説を立て、実践し、試行錯誤を繰り返す。そんな能動的なプロセスの中で、与えられた仕事は「つくり出す仕事」に変わっていく」-


堀江貴文氏(ホリエモン)の名言その4.過去を振り返るな、未来に怯えるな、今を生きろ

youtube.com

堀江貴文氏の"人生"に対する姿勢は一貫しています。本書で次のような言葉を残しています。

-「人生には「いま」しか存在しない」
「老後はおろか、10年後や20年後の自分について、いっさいの計画を持っていないし、不安もない」-


そういうと「堀江さんが資産を持っているからでしょ?」と反論する人もいるみたいですが、ここで考えてみましょう。
あなたに20年後や30年後、50年後の世界が予想できますか?現代の世の流れの早さを考えると、将来的に"日本"という国が存在し、"国籍"や"国境"が今ほど意味を持っているかさえわからないかもしれません。
答えが出ない問題に悩むのは明らかに合理的ではありませんね。

-「過去を振り返っても事態は変わらず、未来に怯えても先へは進めない」-


クリエイターと読者をつなぐサイト- cakes -にて、本書が途中まで無料で読めるそうです。まだ「ゼロ」を読まれたことがない方、まずは無料で内容を見てみたい方はcakesへどうぞ!

また、堀江貴文さんの自叙伝『我が闘争』もホンビューでまとめています。引き続き、こちらからご覧ください。
ホリエモンがジョブズより先にiPhoneを作っていた?ここが面白い「我が闘争」

紹介した書籍
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
著者:堀江 貴文 < ダイヤモンド社 >
販売価格を見る    Kindle版あり

実用・スキル #ゼロ #名言 #堀江貴文(ホリエモン) #資産


関連記事